代理店主の皆様へ

 私たち保険クラスターは、2018年10月に発足以降、徐々に組織拡大を図っています。

 もともと乗合代理店だった事業所、もしくは、ある保険会社の専属代理店だった事業所など、クラスターの仲間のバックグラウンドは様々です。

 クラスターとは、保険・クラスター株式会社という大きな傘の中で各事業所が旧法人組織体を活かすことを考えた集団です。合併ではなく「合流」ととらえています。

 以下、イメージ図とQ&Aをご参照下さい。ご不明点がございましたら、メール、もしくはお電話にてお問合わせ下さい

​よくある質問と答え

Q:いわゆるM&Aですか?今の自分たちの代理店が吸

  収されて、当社の名前はなくなるのでしょうか?

A:地域で貢献されてきた貴社の事務所やスタッフは、

  基本的にそのままで対応させていただきます。

  (再配置イメージについては図をご参照下さい)

  代理店名は「保険クラスター」となり、貴社の地元の

  地名を店舗として名乗っていただくこととなります。

​  (例えば、保険クラスター◯◯店 ※◯◯のところに

    地名を活用していただきます

Q:手数料ポイントはどうなるのでしょうか?

A:弊社のポイントになります。

Q:そもそもクラスター制度とはどういった仕組みでしょう

  か?

A:貴社を、組織図上、事業部と位置づけ、その事業部の全

  従業員が、保険クラスターへ一度転籍する形をとり、

  それから元の事業部へ再配属する方法を採っております。

  (従業員などの再配置イメージについては図をご参照

   下さい)

Q:会社で代理店業務以外をやっている場合、そういった業務

  の取扱いはクラスター合流後、どうなるのでしょうか?

A:貴社(事業部)はそのまま継続されますので、別事業を

  運営されているものは、そのまま引き続き運営されてい

  ただいて構いません。

Q:クラスターへの合流後、方針にどうしても馴染めなかった

  場合、元の個別代理店に戻ることは可能でしょうか?

A:クラスター制度はあくまで、みなさま事業部の「合流」に

  よって成り立っており、「合併」ではありません。

  貴社が合流していただいた後も、元の個別代理店に戻るこ

  とについて弊社が引き止めたりしません。保険会社と相談

  しながら、その後の対応をお手伝いさせていただきます。

私たちがお客さまにご提供する、他社とは違うサービス

captive.png

CAPTIVE(キャプティブ)とは、企業グループ内に保険子会社を設立して、そのグループや集団の保険をその子会社が引き受けようとする仕組みのことをいい、一般に、「自家保険制度」「保険子会社」などと呼ばれています。

あるリスクについて、保険会社で引受けが難しいと判断された場合や、既存の保険商品では対応できないリスクがある場合など、弊社へ一度ご相談下さい。

お客様とともに解決策を模索します。

marsh.png

私たちは、保険仲介およびリスクアドバイザリーの世界的リーディングカンパニー Marsh LLC の日本法人であるマーシュジャパンが推進する保険サービスネットワークの一員です。マーシュの国内外のネットワークにより、リスクソリューションを実現します。

©2019 HOKEN CLUSTER Co.,Ltd. All Rights Reserved.